台南駅のその後

以前にも記事にしましたが、台鉄・台南駅は大規模な改修工事中です。
P_20190714_160138_vHDR_On
現在はすっぽりとシートに覆われていて、その華麗な姿は見ることができません。
でも、こんな状態ですが駅舎として使用継続中です。
P_20190713_130801_vHDR_On
駅舎に一歩足を踏み入れたところ。
左側にはセブンイレブンがありましたが、現在では跡形もありません。
この奥が改札口、右側に行くと切符売り場があります。

この先、この台南駅はどうするんでしょうね。
P_20190714_160949_vHDR_On

今まで、2階には立ち入ることができなかったと思うんですが、改修完成後の案内が出ていました。

P_20190714_160431_vHDR_On
2階フロアの半分強はレストランになるようですね。

P_20190714_161005_vHDR_On

そして、残りのスペースには鉄道旅館、つまり宿泊施設ができるようです。
とは言ってもそんなに広く無いので、部屋数も僅かなようです。
トイレ・シャワーは客房の外にあるので、ドミトリーのような簡易宿泊施設なのかも知れません。

P_20190714_160407_vHDR_On

1階部分は駅としての機能を維持し続けるようです。
この辺りの台鉄の線路は地下化される事が決まっておりますので、
地下化後は...別の計画がある的な事が書いてあるんでしょうか??

完成予定は2021年春のようですね。
どんな姿に変わっているのか、今から楽しみです。

台湾旅行 ブログランキングへ

高雄駅跡はすっかり更地になっていた

台鉄の高雄駅とその前後の区間は昨年(2018年)の10月に地下化されました。
それから約半年、これまでの高雄駅はどうなったのでしょうか?

P_20190506_084404_vHDR_On

はい、この通り。
駅舎はすっかり取り壊され、更地になっていました。
左側に映り込んでいるビルは高雄の郵局(郵便局)です。

取り壊されたといっても、これまでの駅舎は実は仮駅舎という位置付けでした。
とは言っても、仮駅舎とは思えないほど立派な建物でしたが。
その仮駅舎ですが、写真がなぜか手元に無いんです...

仮駅舎は取り壊されているものの、こちらの駅舎はまだ健在でしたよ。
(この写真は2016年当時のもの)
P8132668

旧高雄駅の駅舎ですね。
元々は冒頭の写真の位置にあったらしいのですが、ここは仮駅舎から高架道路を挟んだ東側。
ここまで曳家で移動させて保存されています。
実際はこんなこじんまりとした建物ではなく、この両側に建物が延びていたようですよ。
現在は史料館として公開されていますので、興味のある方はどうぞ。(月曜休館)

P_20190506_085500_vHDR_On
変わってこちらは現在の高雄駅の地下コンコース。
右側は壁、まだこの向こうは工事中です。
綺麗で便利になったのかも知れませんが、無機質で味気ない駅になってしまいました。

P_20190506_085448_vHDR_On
こちらが高雄駅の将来図ですね。2023年完成という事でしょう。
先ほどの地下コンコースは、この図の下側にある円形の窪んだ部分でしょうか?

ところで、以前から気になっていた事が1つありまして。
それは高鐵(台湾新幹線)について。
現在は高雄市の北の外れにある左謍止まりになっていますが、この高雄駅への乗り入れの話はどうなっているのでしょうか?
地下化されたら当然、乗り入れると思っていたのですが。
どなたかご存じないでしょうか?

台湾旅行 ブログランキングへ

台南駅はただいま工事中

今年(2019年)のGW、台南・高雄へ行って参りました。
とは言っても、トランジットとしての滞在でしたので、一泊だけなんですが。

短い滞在の中、台南車站(台南駅)に立ち寄ってびっくり!!
いつからか知りませんが、駅舎全体が工事用のシートで覆われていました。
P_20190505_154946_vHDR_On
辛うじてファザードの部分だけは見えていますが、あとはすっぽりと囲われています。
もう一枚、別の角度から。
P_20190505_165857_vHDR_On

ちなみに、シートに覆われる以前のお姿はこちらです↓↓(2016年10月撮影)
TainanStation1

どちらかといえば質素な外観ですし、特別に歴史的な価値があるようにも見えないのですが、
シンプルながらも気品の感じられるこの駅舎が私は好きでした。
ただ、近くで見るとかなり老朽化が進んでいた事も確か。

更には台南駅周辺でも立体交差化の計画があると聞いていましたので、これはもしや取り壊し!!??

P_20190505_170115_vHDR_On
と思ったりもしたのですが、よくよくフェンスに貼り出されていた工事の概要を見ると、
「臺南車站古蹟安全提升再利用工程」と書かれています。

つまりは再利用するための補修工事のようです。
取り壊しでは無くて何より。
施工期間は2021年の4月までとなっていますから、あと2年ほど掛かるということですね。

工事中の駅舎ですが、中には入れます。
というか、かなり手狭ながらも中に入らないと切符も買えないし、ホームに入ることも出来ません。
P_20190505_155229_vHDR_On

台南駅周辺だけを見ると、まだ立体交差化の工事はまだ始まっていないようでした。
でも、それが完成する頃にはこの駅舎はどうなるんでしょうね。
旧高雄駅舎のように場所を移してでも保存されるのでしょうか?

しばらくの間、その姿を拝めないのは寂しいですが、
台南駅舎は取り壊される事無く保存される動きとなっているようです。

旧日本統治時代の古い建物も大事に活用しようとする、その姿勢に感謝です!!

台湾旅行 ブログランキングへ
ギャラリー
  • 台南駅のその後
  • 台南駅のその後
  • 台南駅のその後